自分に必要なものとは

社会人になって同じ職場に定年まで働き続ける人ということが少なくなってきました。
一度や二度は転職を考えたり、また数回転職をすることになる人もいます。その理由は人によって違いますが、若いうちは収入によって転職することは少なく、仕事の内容や人間関係が転職の大きな理由になっているように思います。そして家庭が出来たり、ある程度の年齢になったときに収入が大きな問題になってきます。家族が出来ればその気持ちはより強くなってきます。

転職の場合、今の職場環境よりも良いところ、または収入が高いところを希望すると思います。
ですが収入の高いところで雇用条件の良いところというのは競争も激しいので、転職がスムーズに行くことは少ないかもしれません。
多くの人が望む職場は、競争が激しいので自分の能力をアピールできるだけのものが必要になってくるのではないかと考えます。それは資格や認定といった、仕事の処理能力を評価する証です。
資格などはまだ軽く考える人が多いのですが、人選をするときに同じような人材だった場合、資格や認定の数や内容が決め手になるということは多々あるようです。

資格や認定があれば、転職時だけでなくフリーランスで働くときにも役に立ちます。
どれだけの仕事が出来るのか、といった裏付けになるのでより高度な資格や認定を持っていると同じ仕事をしているフリーランスの中でも高収入をえることが出来るのではないかと考えられます。高収入と聞くと良いことばかりのように感じますが、高度な仕事が出来なければ高収入には繋がらないのだということも知っておかなければいけません。
フリーランスで働くにも、転職活動をするにしても今よりも高収入で条件の良い生活を考えるのであれば、何が不足していて何が必要なのかを客観的に判断するようにしましょう。
まだ方向性を決めかねている方は、ひとまずこちらの『どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職』というサイトを参考にしてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>